【業界トップ】対応言語拡大のお知らせ

2ヵ国語(ロシア語、ポルトガル語)追加で、18ヵ国語に

2019年04月01日

file

    

改正出入国管理法の施行を受け4月より対応言語を18ヵ国語に拡大

多国籍化が進む飲食業界で言語の壁をなくし、外国人スタッフの生産性向上・働きやすい環境を実現

    

 飲食店とユーザーの「最高のレストラン体験を実現する」株式会社TableCheck(本社:東京都中央区、代表取締役社長:谷口 優、以下:テーブルチェック)が開発・提供する飲食店向け予約顧客管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」は、本日4月1日より対応言語を新たに2ヵ国語(ロシア語、ポルトガル語)追加し、既存の16ヵ国語(※1)とあわせて業界トップの18ヵ国語対応に拡大しました(※2)。言語の切り替えは、「TableSolution」のどの操作画面からもボタン1つで行えるため、飲食店のオペレーションを遮ることなくスピーディに複数言語で予約管理業務を行えます。これにより多国籍化が進む飲食業界において、従来以上に外国人スタッフそれぞれが得意な言語で予約管理業務を行うことが可能になります。

 なお、この度の対応言語拡大は、レストランユーザー向け検索&ネット予約「TableCheck(テーブルチェック)」でも実施しています。TableCheckユーザーが利用する端末の言語設定に合わせ自動的に各言語に対応し、予約完了後の予約確定通知メールも予約時に使用した言語で受け取ることができます。

 今回の対応言語拡大は、本日施行される改正出入国管理法(入管法)により、外国人労働者がさらに増加することを見込み実施しました。18ヵ国語対応を実装することにより、スタッフ間のよりスムーズな情報共有や店舗オペレーションの円滑化を促進し、外国人労働者が働きやすい職場環境の実現や生産性向上、飲食店のサービス品質向上に貢献します。

(※1)16ヵ国語:日本語、英語、韓国語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、インドネシア語、マレーシア語、タイ語、フィリピン語、ベトナム語、ラオ語、アラビア語
(※2)TableSolutionスマートフォン版はアラビア語を除く17ヵ国語に対応

【今回追加した2ヵ国語について】

■ロシア語
 2018年にロシアから日本に訪れた旅行客は、前年比で全体2位(22%増、1位はベトナム25.9%増※3)の伸び率となりました。航空路線の新規就航などにより今後も急増が見込まれるロシアからの旅行客に対応するべく、雇用の拡充が求められています。
■ポルトガル語
 国籍別外国人労働者ランキングで、上位3ヵ国(中国、ベトナム、フィリピン)に続き4番目に多いのがポルトガル語を公用語とするブラジル人です(※4)。すでに対応済みの上位3ヵ国の公用語に加え、今後増加が見込まれるポルトガル語にも対応が完了しました。

当社は今後も、世界中の飲食店・レストランとユーザー双方の満足度と便益の創出をサポートするグローバルスタンダードのレストランテックを目指し、「最高のレストラン体験の実現」に貢献してまいります。

(※3)出典:観光庁「訪日外国人消費動向調査 2018年全国調査結果(速報)」図表5参照(2019年1月16日発表)
(※4)出典:厚生労働省「「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成30年10月末現在)(2019年1月25日発表)

プレスリリース全文はこちらよりご覧いただけます。
📝https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000023564.html

file

------------------------------------------------

インバウンド対応、18ヵ国語のネット予約、予約管理ならTableSolution
https://www.tablesolution.com/

------------------------------------------------

本件に関するお問い合わせ
株式会社TableCheck 広報担当・仁木

〒112-0061 東京都中央区銀座2‐14‐5 第27中央ビル4F~6F

TEL : 03-5565-0112 / FAX : 03-5565-0118 MAIL:pr-jp@tablecheck.com

お問い合わせフォームはこちら

Facebook:TableCheck