導入事例

株式会社HUGE様

「HUGEのサービスを一緒に作っていける大事なパートナー。常に最善策を提案してくれたのがTableSolutionです」

Who is 株式会社HUGE?

「その街の、鼓動が集まるレストラン」を創るという志のもと、街の資産となり、百年品質レストランとなっていくことを目標に掲げ、レストラン事業、ウェディング事業などを展開する株式会社HUGE。「HUGE-ish(=HUGEらしい)」なサービスの実現にどうTableSolutionを活用されているのか、代表取締役兼CEOの新川氏に伺いました。

“HUGE-ish”をスタンダードにする。
その顧客認知を一緒に作ってくパートナー

「お客様のことを覚えていますよ」ということをお客様に積極的にお伝えしていくことで、心地よく感じでいただけるサービスにつなげていく。それがHUGEの大切にしている顧客サービスのあり方です。 このHUGEのスタイルが好きという人をたくさん増やしていきたい。そして、東京のスタンダードにしたいという想いがあります。

ベスパーさん(現 TableCheck、以下省略)は、言語対応などグローバルな視点を持っていたし、こちらからの無理難題にも決して「できません」とは言わず柔軟な対応をしてくれたし、代替案を含め、常に最善策を提案してくれました。システムというのは使う側に寄り添っていくものでないといけないですよね。ベスパーさんとなら、僕らの培ってきたエッセンスも反映しながら、僕らが持っていなかった解決策をご提案いただきながら、一緒にHUGEらしいサービスのあり方を追求していく、そんなよい関係性が築けるのではないかと直感的に感じたんです。

現場の意見から実現した予約リマインドのカタチ

以前は、ランチのピークの時間やディナーで込み合う時間などは電話に出づらいこともありましたが、導入後徐々にネット予約をしてくださるお客様も増加。今ではネット予約の比率も20%から40%に増え、店舗によっては60%を占める店舗もあるんです。

今は、蓄積された顧客情報を読み込み、現場でのサービスに活用することに取り組んでいます。また、ネット予約が普及し便利になったことによって、1ヶ月前にご予約されたことを忘れるお客様もでてきました。そこで、我々の店舗では、ご予約されたタイミングで一度、そして、来店前日にリマインドの意味も込めてもう一度、SMS(ショートメッセージ)配信を行っています。これこそ現場の意見から実現したカタチなんですよ

これからのことを考えると、オンライン上でのネット決済の検討はもうまったなしだと考えています。利用人数や予算や店舗の形態にもよりますが、お客様・店舗側双方にとってメリットがあると思いますし、ぜひテストランしてみたいですね。

ネット決済だけでなく、TableSolutionのほかの機能拡張やユーザビリティの向上が、”面倒くさい機械”ではなく”扱いやすい仲間”としての進化につながり、店舗スタッフの意識のさらなる向上にも続いていくことを期待しています。

ご活用いただいている機能

SMS(ショートメッセージ)

  • リマインドのSMS送信で予約のうっかり忘れやドタキャンの防止に
  • 電話予約のお客様へも手元に残るSMSを送信し予約を「見える化」
  • SMSから変更キャンセルを受付ることで電話対応の負担をさらに軽減

CTI連携(着信時お客様情報表示)

  • 着信と同時にお客様情報をTableSolution上に表示
  • 新人スタッフであっても顧客認知=「お客様のことを覚えてますよ」が実現
  • 未来の予約情報も自動表示されるので、電話中の検索の手間もゼロ

ネット予約「TableCheck」

  • ネット予約の比率が20%→40%に伸び、最大60%の店舗も
  • ネット予約によって得られる詳細な顧客情報を現場でも活用
  • ネット予約への誘導で電話対応の負担が軽減
機能概要
代表取締役社長兼CEO  新川氏

代表取締役社長兼CEO 新川氏

お問合せ

飲食店さま以外の方はこちらよりお問い合わせください。

【読む】

お問合せありがとうございました

内容を確認させて頂き、担当者からご連絡を差し上げますので今しばらくお待ちください。 なお、お問合せ内容によっては返信に時間がかかる場合や、回答しかねる場合がございます。 予めご了承ください。